さんぽ道 和歌山観光情報


和歌山情報サイト「和歌山どっとTV」とホームページ制作を主に行う私達が、仕事の中で出会うたくさんの楽しいことや素敵な場所、お店の情報を伝えれたら・・・と立ち上げた和(nagomi)blog。。。
ネット上に和(なご)める場所を作りたいという思いから
*nagomi blog*と名づけました。
6人の好奇心旺盛なスタッフ+素敵なゲストと共に、できるだけ多くの和歌山のことを書き込みたいと思っています。
→nagomi staffのご紹介♪
和歌山情報サイト「和歌山どっとTV」
ねこますくん

2010年07月22日

UJのさんぽ道 〜オカルトスポットってどうよ?〜


ちわ、UJです。
この季節になるとよく言われるのが、
紀州オカルトスポット更新しないの?」
という、みなさまの生あたたかいお声です。

そもそもオカルトスポット散策!?をしていたのは今から約10年ほど前の話。
マルチメディアなる"死語"が頻繁に飛びかい、
「インターネットって何?」って人が世の中の大半を占めていた時代のお話です。
その頃はまだUJも20代の前半で独身という、「守るもの?何それ?うまいん?」
という、とんがっていた頃で、
毎晩毎晩、真夜中にお寺やお墓などを含むオカルトスポットでバンバン写真を撮っては、
「おっ!写った!写った!」と喜んでいたものです。

 

まさに怖いもの知らずと言うか馬鹿と言うか・・・
そんなことを繰り返してはネットにアップしておりました。

そんなある日、”ほんまもんの霊能者”から一通のメールが私に届き、
「いっしょにオカルトスポット巡りしませんか?」とのお声がかかりまして、
「ぜひお願いします!」の軽い二つ返事で合同調査となりました。

そこで私が見たものは「想像を逸した世界」「非日常の中の日常」でした。
「百聞は一見にしかず」とはよく言ったもので、
テレビ、雑誌などのメディアで観る情報ではなく、
直接肌で感じる体験はすさまじい事ばかりでした。
浮遊霊、地縛霊、憑依、金縛り、除霊、言葉では知っているものの、
実際に体験した体の底から湧いてくる、
”えたいの知れないものに抱く恐怖”は今でも覚えております。

その日を境にUJはオカルトスポット巡りを辞めました・・・

どうやら私には、馬に向かって鹿!と叫んでいるぐらいの散策が丁度良かったようです。

追伸
ちなみに紀州オカルトスポットはオカルト書籍に掲載されたことがあります。
「加太の砲台跡」と「大池遊園」の2つですが、
●笠倉出版社 本当にある「怖い場所」案内

ちなみに、掲載原稿料は後日に送られてきた上記の本一冊ですw



posted by nagomi at 12:56| Comment(1) | TrackBack(0) | さんぽ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ん〜〜〜。是非再開してほしいです。この季節になるとやはり、UJのオカルト情報が懐かしい。
桃山の山でもけっこういろんな事が起こってますが。。。木からヘビが落ちてきたり・・・(オカルトちがうなぁ〜)。日傘を差した女性が歩いていたそうです。誰も見ていないし、誰も来ていないのにお助けマンのマ〜君だけが見た。トイレの奥に女性が立っていたり・・ホントに・・・犬達があらぬ方向を見て吠えまくります。是非来てください
Posted by ありい at 2010年08月11日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。